主治医と担当医

旦那には、主治医と担当医がいるのですが、普段、診察してもらっているのは担当医です。

担当医の先生は、私より10歳若く、旦那とは19歳違いです。自分の子供でもいい位年が離れています。若いだけあって、体力はあるみたいですけど、たまに、フラフラとしている所を見ることもあります。

私と主治医の先生の出会いは、ある意味忘れられないものでした。

初めて会ったのは、旦那が2回目の入院した時、旦那と話をしているとノックもなくカーテンが開けられてました。

「あれ?主治医が僕の名前じゃない。」

旦那のベットに、主治医とかの名前が書いてあったけど、確かに、その先生のネームプレートとは名前が違う。

って言うより、私の心の第一声は「オッサン、誰?」

正直、始めてみる顔だし、それなのに、僕がずっと主治医だといわれてもピンときません。

その後、三回目のカテーテルの時には、三ヶ月で、心臓に血栓ができて怒られ(旦那は、横たわっていて怒られているところを見ていません。)、コレステロールが高めだねと言われ、後で数値を聞いてみると、通常の3倍の数値で度肝を抜かされたこともあります。

カテーテルが終わってからは、診察も受けることないので、ほとんど、会う事もありません。

でも、旦那の主治医みたいです。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

今日、旦那の病院に行ってきました。

11時の予約だったので、1時間前に行ったのですが、着いた時点で満車状態。駐車場に停めるまで30分かかりました。今度から、もっと早めに行こうと心に決めました。

旦那は、昨日採取した検便と血液検査をして、ロビーにいた私の所に来ると、紙コップを持っていました。

「尿検査があるって、トイレ行かんっで良かった

処置室にあるトイレに行きました。

検査が終わると、ポケベルを渡されて、病院内ならどこに居てもいい事になっています。

検査結果が出るまで、1時間以上待っている間、旦那と話しているといつの間にか時間が経っていました。

検査結果は、貧血気味は改善されていました。

が、検便に引っかかってしまいました

便に中に、少量の血が混じっているらしく、次回、胃カメラをする事になりました。それと、胃が少し荒れているのかもしれないので、すこし、効き目が強い胃薬に変更になりました。

ワーファリンの効きがいいみたいなので、一錠減って5錠になりました。

前回、薬が、2週間分多めに貰っていたので、胃薬以外は、少なめに貰いました。

院外薬局に行って、薬を貰うと、薬剤師の人が、前回のとあわせても、一週間分足りないことが判明。薬剤師さんが、病院に電話をかけてもらって確認してもらって、1週間分多く出してもらいました。

旦那、次回の胃カメラを戦々恐々としています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスク

今週水曜日に、だんなの病院に行きます。

明日から、旦那は、検便検査をしなければいけません。

旦那は、お通じが出るのか心配しています。

そんな、病院なのですが、一つ、問題が発生しました。

旦那が行く病院なのですが、今、新型ウィルスが発生してしまったんです。それも、院内感染で…。

旦那の薬がないので病院には行かなければなりません。

一応、マスクは、買い置きをしているのでいいので、それを、もって行けばいいのですが、あまり、行きたくないです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車の税金

車の税金を払う時、軽自動車は市役所とか地元の役場で済むのですが、普通車は、県の税務課に収めることになっています。

我が家には、普通車の車が1台あります。

一応、買う時に、お互いの独身時代の蓄えを出し合って買ったものですが、名義上は旦那になっています。

手帳を申請した時に、『来年、車の税金を払う前に、県税務事務所に行ってみてくださいね。』と言われていたので、前もって、県税務事務所に電話をして、持って行くものを聞いておきました。

持って行くもの(本人名義 本人使用の場合)

1.車検証

2.運転免許証(コピー可 ただし、両面をコピーすること。裏に何も記載されていなくても。)

3.車の納税書

4.障害者手帳(コピー不可 手帳に、ゴム印を押します。)

5.印鑑(認め印可)

旦那が、障害者手帳はコピーでいいよと言い出して、コピーしたのを渡したのですが、行く前日に、確認の電話をすると、コピーはだめと言われたので、それを、旦那に伝えると…。

「わしが、言ったっけ?そっちが、言ってきたからコピーしたんよ。」

いつの間にか、自分の頭の中で摩り替わっているし…

なんて、都合のいい頭なんでしょう

当日、旦那から、免許証と手帳を借りて行ってきました。

我が家が住んでいる地域は、県庁で手続きをすることになっているので行ってきました。

行くと、誰もいませんでした。職員のおじさんが、丁寧に説明をしてくれました。

行ったのが、5月27日だったので、先に、納税をした方がいいのかと聞いてみたら、『今、入金しても、もし、減税になった場合は返すことになるので、通知書が来てからでいいよ。』と言われました。

申請書を書き始めた途端、訂正の嵐

付いてきてくれた友人には、「ちゃんとみんさい。」と呆れられるし、出来上がった申請書は、横線が至る所にありました。(訂正印とかは、しなくてもいいと言われたので押していません。)il||li_| ̄|○il||li

1週間位で、税務事務所から封筒が来ました。

無事(?)、申請は通り減税されました。税金免除です。

ちなみに、減税は、税金免除しかないそうです。

来年からは、2月位に、現状確認のはがきが来るので、何もなくても、出すようにとありました。

ちなみに、旦那に、税金免除だと話すと、「その分、わしにくれ。」といわれましたけど、もちろん(?)、あげるわけがありません。なんて言ったって、私、けちですから

| | コメント (55) | トラックバック (0)

いつの間にやら1才(?)になっていました

旦那が、緊急手術から一年が過ぎました。

先月末で、ちょうど週末だったので、2人でお食事に行きました。

後、5日後には、初めて退院して一年が経ちます。

今では、傷口も、最初の頃に比べると薄くなっています。

退院して、3ヶ月位は、静かにしていると人工弁の音が聞こえていました。今では、耳を澄ましても、まったく聞こえません。

本に、人工弁は、心臓にとっては異物なので慣れるまで、約2年はかかるそうですが、まだ、若いせいか慣れるのも早いみたいです。

この間、定期検査に行ってきました。結果は、尿酸値も正常値までいったので尿酸の薬はなくなりました。

しかし、鉄分が少なくなっているみたいです。まだ、標準値のラインにはいるのですが、だんだんと、数値が落ちているみたいです。

ワーファリンを飲んでいる人は、たまに、内臓の方から、微量らしいのですが、出血していることがあるそうです。なので、次回の検査の前日と前々日に検便があります。すこし、便秘気味な旦那。お通じが出るのかどうか、少し不安みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旦那の薬

15日、旦那の通院の日。

この日は、検査がまったくなく、先生に呼ばれるのを待つこと30分。せっかく(?)、検査があると思って、いつもより、早めに行ったのに…っと思いつつ、2人で、仲良く並んで座っていました。

先生との話は、一応、前回でカテーテル手術は終了という事を、この度、旦那にはっきり言ってくれたので、旦那一安心。

次回、血液検査が良ければ、薬の量を減る事になりました。現在、旦那は、朝14錠、昼はなく、夜2錠です。

内訳

(朝)

ワーファリン錠1mg       6錠

ガスターD錠10mg       1錠

アルダクトンA錠25mg     1錠

バイアスピリン錠100mg    1錠

プラビックス錠75mg       1錠

リピトール錠10mg        1錠

ジゴキシン錠0.25mg「AFP」 1錠

アーチスト錠2.5mg       1錠

ザイロリック錠100        1錠

(夜)

アーチスト錠2.5mg       1錠

ザイロリック錠100        1錠

これだけを、1日で飲みます。

最初の頃は、入院をした時は、ワーファリン4錠だったのが、1回目の再入院時に、狭窄が、たくさんあったので1錠増やすことになり、2回目の再入院時に、新たな狭窄ができていたので0.5錠増やし、12月の通院で、効き目が弱いと言われ6錠に増えました。(先生に、納豆食べてる?と旦那言われていました。病気になって以来、大好物の納豆は、まったく食べていないのに)

この薬は、増えたり減ったりする薬らしいのですが、旦那の場合、減ったことは、一度もありません。飲み始めて、1年も経っていないので仕方ないのかな?

ザイロリックは、尿酸値が高めだったので処方されました。これを、処方されてからは、旦那、よく水を飲む様になりました。

これだけ飲むので、薬代も馬鹿になりません。49日分で、今回10,600円かかりました。ちなみに、今回、検査がなかったので診察代は330円でした。検査があると、5,000円以上かかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は…

明日は、旦那の通院の日です。

最後(であろう。)、カテーテル手術が終わってからの初めての通院です。

旦那は、どうも、担当医(旦那が通っている病院は、主治医と担当医が、それぞれいます。まぁ、近いうち<にする予定です>に、この主治医の事を、話してみたいです。)が、苦手みたいで、1人で行きたがりません。

私は、あまり、人見知りがないので、思った事はガンガンと質問するタイプなのですが、旦那は、正反対で、中々、質問ができない。終いには、私が、旦那の事で不思議に思っていた事を質問すれば、「変な事は聞かないように…。」と言うので、旦那に関しては、よほどの限りでは、聞かないことにしています。

で、明日は、会社から、今、出張の話が出ています。旦那の出張は、正直に言えば肉体労働があるんです。20キロの荷物を持って運んだりが、たまにあるそうです。

以前、胸部外科の先生と話した時に、重たいものを持って運んだり、持ったまま走ったりするのは厳禁と言われているので、私個人としては、あまり、賛成したくないのですが、旦那としては、頼られているので行きたいみたいです。

明日、担当医とその話しをしようと思っているのですが、旦那は、私に、質問してもらいたいみたいです。ちょっと、都合がいい感じがするので、少~しだけ言いかけて、旦那に、質問させようと思います。

また、診察代&薬代が高くつくんだろうな(前回は、2万円近くいきました。薬代だけで、1万円以上飛んでいきます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速道路

今、ETCで高速を通ると、上限1,000円で通ることができます。(土日・祝限定です。詳しくは、ココをポッチとしてください。)

旦那は障害者なので、高速道路は半額です。ということは、今回の上限1,000円は、半額の500円になるのだろうかと、旦那とせこい話をしていました。

結論から言うと、半額の500円にはなりません。

理由は、割引の重複はないからなんだろうです。しかし、障害割引で、通行した方が安い場合は、そちらを、優先してくれるみたいです。(詳しくは、ココをポッチしてください。)

今回、ETCをつけると5,000円の助成金が出るのですが、我が家は、悲しいかな。半年前に、主人の意向でつけてしまったので、この助成金は利用できません

正直、もっと早くしてくれたら良かったのにと思うのは、私だけでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

術前説明

カテーテルをする前に、医師から、術前説明があります。カテーテルは、あまり危険な検査ではないのですが、一応、医療器具を心臓の血管に挿入すると言う事で説明があります。

その説明は、本人と家族に話をしないといけないのですが、一応、入院が決まった時に、説明は、夕方になります。と聞いていたのだけど、5時になっても、6時になっても先生来ない

待つのにも疲れ、旦那のベットで、ゴローンと寝ているといきなりカーテンを開けたので、ポカーンと見ていると主治医の先生だった。

「明日は、頑張りましょう。」

それだけを言って、帰ってしまった。二人とも、まったりしすぎていた。

夕食になっても、こないので忘れ去られているのかな?と思っていた頃、先生登場。

もう、6回目なのでカテーテルの説明は省かれた。一応、股からやることになっていたのだが、左手から試したことがなかったので、左ではやらないのかと質問してみた。

一応、考えておきますと言われ、病室に帰る道中。

「せっかく、パイパンになったのに、左手になったら残念だね。」

「剃ったからには、股でもいいかな。でも、股って、結構痛いんだよね

トボトボと、病室に帰って、もう、待ちくたびれた私は、先生の説明も済んだし、さっさと、帰り支度をして病棟を歩いているとばったり先生と出会い一言。

「やっぱり、明日は、股からにします。」

旦那、ハァっとため息をついてショボーンとなっていました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終了

旦那が、先週、入院をしました。もちろん、検査入院です。

今回は、先生の話で『狭窄は考えられない』と術前説明で言われていたので安心していました。

しかし、旦那限定で、ドSの私。もちろん(?)、呪いをかけていました。(本人は、本気で嫌がっていました。)呪い1 呪い2

しかし、呪いは効かず、先生の言われたとおり、狭窄もなく、30分で終了しました。

ただ、順番が七番目だったので、検査が始まったのが、夕方の五時半からでした。もちろん、大トリでございます。本当は、3時から検査予定だったのですが、術前説明の時に、前の人達が、ほとんど、治療になる可能性が高いから、大幅にずれますよ。と言われていたので、ある程度は、覚悟していましたが、ここまで、ずれるとは正直思っていませんでした。

検査が終わって、先生達が出てきたら、ヘロヘロ状態で出てきました。一応、簡単に説明をしてくれたのですが、先生の姿を見て、目が釘付けになりました。

先生、パンツがチラッと1cm位見えています。若い人のパンツなので、オバサン、目の保養になりました(先生は、私より、10才位若いです。)

で、今回で、カテーテル検査は終了です。今後は、心電図や心エコー等で検査をしつつ、異常があれば、また、カテーテルをするということになりました。それを聞いた旦那、大喜びです。

今回は、3泊4日の入院ですみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«チョッキーン